能面 -その幽玄な世界-

宝増 三曜会第2回 能「船弁慶」

宝増 三曜会第2回 能「船弁慶」シテ 佐久間二郎師 

宝増

宝増

【わたしの逸品】 宝増

 

 この面は宝来が打った増女(宝増)を写したものです。

 増女のもつ端麗さだけではなく女性のやさしさも垣間見せます。

 この面は女面として彩色の上で多様なあそびの要素を多く含んでおり、これらが表情にさまざまな変化を与えてくれます。面袋から取り出し見るたびに、その面の世界が広がってゆくようです。私の大好きな面の一つとなっています。

 さらに先回の個展の際にも多くの方々にご好評を頂きました。有難いことです。

 この宝増は手放したくない能面のひとつで、女面を打つ際の手本としている面です。


若女(雪)

若女(雪)

【代表的な能面】 若女(雪)

 

 この面は横浜能楽堂20周年記念の能「六浦」(シテ 観世流能楽師 野村四郎師)で使用されました。(同時に開催された能面コンクールで大賞を頂きました)

 面は若女で型は伝増阿彌作をもとにしました。後シテは楓の精でありその舞台での性格を考えて強さは表には出さずに、内に秘めた表情に心がけました。優美な序ノ舞でも楓の精の思いが伝わるよう彫刻、彩色を工夫し、また、生きている人間でもなければ死相でもない草木の精の色合いとしました。

このような表現を野村四郎先生にご評価頂き舞台でご使用して頂きました。


 

【池谷 喜右ヱ門 第二回能面展】

 

平成30年5月3日から5月6日に行いました「第二回能面展」からの映像です。

 

池谷 喜右ヱ門 YouTubeチャンネル

 


ごあいさつ

能面師 池谷喜右ヱ門

 私が能を観るとき人間の避けられない性(さが)を感じます。舞台のなかでの幽かな感情の変化を自身の心のひだと共鳴できたとき己の存在が肯定され、実感できます。舞台を見ている私を寛容してくれます。能の舞台は私の生きることへの裏付けを与えてくれます。そして小さな仕合せを見つけ出す力を与えてくれます。そのような舞台において能面は能を支える壮大なる試みであったと思います。室町時代に生まれた能とともに能面も生まれ変化してきました。能が今の時代に生き続けていることを考えると室町の人々の思いが今の我々にも在ることが分かります。その息遣いは能面にも顕著に現れています。

 私にとって能面を打つことは森羅万象の幽かな変化を感じ取る力を無くさないための修行のようなものです。もちろん打つことそのものが好きであることには間違いありません。室町の息遣いを追いそれを具現できるとき錆びた心身が本来の人間へ回帰します。

面(オモテ)の小さな面積での表現が広大な世界を表せたときそして、見るたびにその世界が広がって見えてくるとき能面を打つことの仕合せを感じることができます。

 このように制作してきた能面をここに掲載することができました。皆様のご高覧を仰ぎご指導頂ければ倖であります。

ブログ

能面との対話 ⑥ 〜よろこび〜

 能面を作っていてはじめてよろこびを感じたときのことを思い出すことがあります。自分の能面を見る審美眼が格段に上がったと感じて、その審美眼と自分の作品が同じレベルになった時です。自分の審美眼と作品は、相互に作用して、ある時はゆっくり、ある時は唐突によくなります。能面への審美眼すなわち感性は、ただ能面を作っているだけでは身につくものではありません。確かな技術を習得しながら、名品と呼ばれる作品を見て、心技を整えてゆくしかありません。私の場合、師匠の教室でそれは同時にできました。

私の「能面」に対する審美眼は、師匠の「能面」に対する考え方、向き合い方、そして師匠の作品を直接見聞きすることによって養われました。もちろん、他の能面師の作品も見ています。審美眼は、自分の手で幽玄の色を実践できてはじめて、裏付けを得たことになります。実践できないうちは、会得したと思っている審美眼の力は次第に弱くなっていきます。元に戻ってしまわないうちに、自分で実践するか、師匠の作品を見て、強化するしかありません。これは、永遠の修行のようなものです。そして、修行の中のよろこびはいつ訪れるかわかりません。徐々にまた突然出会うことがあります。だから、「能面」作りを永遠に続けます。「能面」作りは、私にとってよろこびを追い求める永遠の過程であって、限りなくつづく修行のようなものであるからです。

よろこびは、理屈ではありません。自分の感性を作品として表現し尽くしたとき、最初のよろこびは訪れます。そして、舞台にかけてもらった「能面」が魂を吹き込まれたとき、よろこびは倍増します。演じる側と見る側が「能面」を通して目に見えぬ感性を授受し合い、その空間に何か得体の知れないエネルギーを感じる時です。さらに、作品を人前に出し、よりたかき感性を持つ人と直接的に共感できたとき、最上のよろこびとなります。仕合せを感じる瞬間です。

私は、この最上のよろこびを見つけるために、「能面」を作り続け、共感してくれる人々を探し続けます。その人たちは、一体どこにいるのでしょう。よろこびを求めて、永遠に歩き続けます。

 

能面との対話 ⑤ 〜技をぬすむ〜

 今思い起こして見ると、入門してからこの方、師匠から言葉で直接教えを乞うたことはほとんどなかったように記憶しています。教室では、彫刻や彩色の作業をした記憶があまりありません。ほかの兄弟弟子の指導の様子を見ていた覚えしかありません。最初の頃は、師匠の刀捌きを食いるように見ていました。無駄のない刀の動きは美しささえ覚えました。一つひとつの刀の使い方で、骨格の捉え方、肉の落とし方や付け方を覚え、目、鼻、口の表情を理解していきました。小面、若女、深井と年齢による各部の表現の違いを見て覚えたものです。そして、自分で実践していきました。刀がスムーズに運び、彫刻表現が的確になるまでに、いくつの小面を作ったことでしょう。もちろんモデルとなる木型の能面を借りてのことです。それも「雪の小面」でした。

今も「初心に帰る」ことを大事にして、彫りかけを捨てずにとってあります。「雪の小面」は、女面のすべての基本が備わっていると言ってもいいでしょう。この小面さえできれば、女面は卒業であると思っていました。女面の急所はどこなのか、口角のような型紙のない箇所の作りとその意味を探りながらの、彫刻作業でありました。そして、教室で見てきた、師匠の刀捌き、彫刻の確認の仕方、ちょっとした物言いなどを細部に渡って、思い出しながらの作業でした。これらを頭の奥深くに刷り込み、自然と手の動きになってゆくまで、修行しているかのようでした。部分部分の細工とそれらの繋がりが、自然とバランスよく整うまで、我慢をするしかありませんでした。そして、ある日すべてが整った小面が出来上がるのです。多分、全体を調整する技量と刀の動きを制御する技術とが相互に高め合って、一定以上のレベルになったのでしょう。

この状態で、師匠の刀捌きを見ると、刀の動きの先が見えてくるのです。刀のすべての動きの意味が自然と分かってきます。

彩色ではどうか。強さとたわやかさを兼ね備えている彩色。一様に色の打ち方、研ぎ出しの強弱を、師匠の手先から感じ取り、同じように自分の「能面」に施し、師匠の彩色と比べるという日々が続きます。強さを写しても、たわやかさが出なかったり、たわやかさだけで強さが出なかったり、そればかりではなく奥深い幽玄の色がどうしても表現できないのです。材料や道具が違うからと疑って、同じものを何とか探して手に入れて、同じ工程で彩色してみても、やはり奥深い幽玄とは程遠いのです。どう考えてみても、何かが足りないのです。上塗りの液、上塗りの仕方、上塗りそのものの考え方が違っているとしか言いようがないのです。多分、それが奥義のひとつであると確信して、師匠に訊ねてみます。独り言のように、ボソッと、一言二言ゆうのでした。それを私は聞き逃しませんでした。しかし、それらは多分、奥義の入り口なのでしょう。後は自分で工夫してみなさいと言っているようでした。その後も、奥義と思った方法を、様々な要素を変化させながら、彩色をしてゆきました。もちろん、奥深い幽玄の色は容易くできるものではありませんでした。時として同じような味わいになることもありましたが、殆どが色を乗せている、態とらしい彩色になってしまいました。再度、考え直すのです。後は、物理的、化学的な要素をさらに微小に制御するしかありませんでした。指先の力の入れ具合、布の湿り気具合、布そのものの表面の粗さなど、神業に近いような感覚の世界でありました。特に、この辺りに意識を持ってゆきながら、彩色を施していきました。幽玄の色が出る確度は、確かに上がったのです。ただ、部分的にではありますが。

「能面」全体に幽玄な味わいを出すには、全ての彩色のゆらぎについて細かな組み合わせの数を制御する技と、その組み合わせの量的なバランス感覚が必要になります。これらは、日本の独特の自然観、そして遊びの感覚に繋がっています。これらは、師匠が言っているように自分の工夫でしか出てこないものです。自己の感覚、感性を自分で磨かねければなりません。口伝などできない領域です。神業の彩色としか言いようがないのです。

能面との対話 ④ 〜彩色の妙味〜

「能面」の彩色の写しは、能面師によって随分と違います。何を写すのかは千差万別です。ただ形だけに拘り、見てくれだけを写している「能面」の何と多いことでしょうか。そして、思いの強い一方的な「能面」がよく好まれています。やはり、室町時代から伝わる本面と呼ばれている名品を見る機会が少なくなったことが原因かもしれません。

「能面」を見る時、そしてその「能面」を写す時、大変重要な観点があるように思います。「能面」から伝わる強さだけでなく、見る側の能動的な思いを受け入れてくれるたおやかさが「能面」にあるかどうか。そして、そのたおやかさを見る側が感じ取れるか、見る側にも様々な感情を受け取れる器があるかという点です。両方があってはじめて写しは「写し」を超えられます。特に、彩色には必要不可欠の要素です。写す側の感性が、これらに影響を与えるといってもよいと思います。

「能面」の強さとたおやかさを実際に見たのは、早稲田大学の演劇博物館で行われた現代能面師の能面展での師匠の作品でありました。他の能面師の作品との違いは分かったが、それが室町の彩色だと分かるのは、もっと後で、師匠の「雪の小面」の写しを見せて頂いた時でした。彫刻が細部にわたりきっちり写されていることは元より、強さとたおやかさが両立している彩色には驚きました。ただ時代が経過しただけではない、奥底から湧き出る深い味わい、なんとも言葉では言い難い幽玄の色、現代の作品とは思えない品の良い、落ち着いた古さ、それらが自然の景色のように絶妙なバランスで構成されていました。正に、これが室町の彩色なのでした。

今思うと、室町時代の「能面」を見る感性を鍛えてくれたのが、師匠の作品であったと思います。隙のない美しさの中に、強さとたおやかさを両立させている作品は、室町時代の「能面」の本質を理解できる者にも、もちろん私にも、素晴らしい手本であります。

師匠の作品の虫干しでは、室町彩色の「能面」が二百近くも並びます。何百年も時間が戻った感がするほどです。どの「能面」を見ても、幽玄の妙味が随所に見えます。いや随所というよりは、全体が幽玄の世界です。そのとてつもない幽玄の妙味と隙のなさゆえに、見る者を圧倒します。そして、まるで室町の作者と対話しているかのように、どの「能面」からも本面の作者の声が伝え聞こえてくるようです。「どうだ、お前に写せるか?」と迫ってきます。「能面」を打つ者にとっては、挑戦状を叩きつけられているようです。そして、「一所懸命、写して見なさい」とも聞こえます。これは師匠の厳しくそして優しいことばかもしれません。

幽玄の妙味は、彩色のゆらぎが、程よくそして自然のそれのように制御されて、はじめて現われます。師匠の作品は、一見すると、それは無造作に彩色された様子を見せます。それ故、その難しさが分からないうちは、簡単そうに見えるのです。しかし、このゆらぎを作り出すことは、至難です。どうやっても、作為が入り込むのです。ただの真似では、幽玄の妙味は写すことができません。彩色のゆらぎは、いく通りも組み合わせがあるはずです。師匠の彩色の面白みがどこにあるのか、どんなゆらぎの組み合わせが幽玄の深みを醸し出しているのか、自分の感性でよく見据えなければなりません。そして、それを自分が制御できる彩色のゆらぎに置き換えられるか、実際に彩色を施しながら大胆に試して行くしかありません。行き過ぎた彩色を、様々な方法を使って、幽玄の妙味に変えてゆける遊びの感覚が必要です。これらの、言うならば彩色の妙味は、日本独特の自然観に通じます。世界を魅了している、古き良き日本の景色です。

 

能面との対話 ③ 〜型の写し〜

「能面」を作ることは、昔から伝わっている「能面」を写すことが第一です。創作面も新作能には必要になることもあり、「能面」を創作することもあります。ただ、創作も写しの何たるかを知った上での制作でなければなりません。創作面も「能面」の本質を外しては、長く将来に残るものにはならと考えています。

写しの上で、型を紙に写した型紙は非常に重要です。型紙の取り方によって写しの良し悪しが決まってしまうと言ってもいいでしょう。彫刻のポイントはどこにあるのか、守るべきポイントはどこにあるのか、確実に型紙に写しておかなければなりません。京都の堀教室では、まず師匠が作った型紙を、別の紙に写すことが最初の作業です。線の流れの意味、型紙に打ってある点の意味を把握しながら、別の紙に写してゆきます。この時点で、彫刻の肝がどこにあるのか理解しておかなければ、彫刻の写しはできません。しかし、彫刻は点と点、線と線が無数に集まった集合体です。これを有限の型紙で表現するのは所詮不可能です。しかも、型紙にはない部分の重要さは、型紙以上です。これは、やはりモデルとなる「能面」が手元になければ、見出すことはできません。型紙にはない、型紙と型紙の間の彫刻の流れ、動きは、モデルをよく観察することで分かってきます。しかし、モデルを見る力は、「能面」が舞台でどう使われるかを理解し、「能面」が人間の骨格と同じであることを知って、はじめて身につくものです。これらは、師匠の身振り、手振りそして少しの言葉から理解していきました。型紙を含め、それら師匠の教えを統合できてはじめて、彫刻の写しが完成します。幽玄の彩色を施せる土台ができるのです。

 堀教室にあった型紙は、龍右衛門の「雪の小面」、増阿弥の「増女」、般若坊の「赤般若」、赤鶴の「獅子口」などどれもが本面であり、重美、重文指定の能面ばかりでありました。入門した当時から、これらの名品ばかりの写しに集中できたことは、幸いにして「能面」の本質を見極める力を早く手に入れることに繋がったと思っています。そして、師匠からはそれらの作者の「能面」への思いを伺い知ることができました。このように、力強さとたおやかさを兼ね備えた室町時代の名品から、能面彫刻の真髄を知ることになりました。

 型の写しとして最初に目指したのは、「雪の小面」でした。女面として、最上でありました。どの点を取っても、作者の妙技が冴え渡っているのです。いくつ彫ったことでしょうか。できるまで楽しく耐えるしかありませんでした。気に入らない写しは、捨てずに取っておいたのでした。何が不満だったかを残しておくためです。それらは、今でも時々取り出し、その頃の手前を思い出しています。彫刻が漫然とならないためです。そして、若い頃の力強さを忘れないためでもあります。型の写しは、私をいつも初心に戻してくれます。

能面との対話 ② 〜出会い〜

面打ちを地元の面打ちに習い始めて数年経った頃、自分の作品の限界を知りました。

製作の過程で、満足な作品が作れず、上達する見込みもないと感じていた折に、東京早稲田大学の演芸博物館で現代能面師の作品展があり、堀安右衞門師の作品と出逢ったのでした。

二十数年前のことです。

錚錚たる能面師の作品が一堂に並べられていました。何人かの名前は知っていたものの、

見るのは初めてでした。年代順に並んでいました。古い順に見ていったのですが、どれも特徴の感じられない作品が並んでいる中で、終わりの方だったか、まだ存命の能面師の作品が現れたのです。能面師 堀安右衞門師の作品でした。恥ずかしながら、その日まで堀先生の名前は知らなかったのですが、そこにふと目が止まりました。ただの写しではない、力強くてたわやかな作風でありました。これが掘安右衞門という能面師の作品との最初の出会いでした。

作品展から自宅に戻り、数日経ったある日、再び作品展の小冊子を覗くと、堀先生の作品だけが私の目に飛び込んできたのでした。堀先生の作品だけが脳裏に記憶されていたからであったのでしょう。面打ちを途中で止めるにしても、本物の能面師に会わないうちは、諦めがつかないという思いを強く感じ、堀先生の作品にもう一度会って、堀先生ご本人と話をしてみたいと強く思うようになったのです。室町の「能面」を作る能面師であるという予感があったのです。その予感は、後日確信へと変わっていきました。

 

様々な人伝てに堀先生の連絡先を探し出し、先生に連絡をとりました。

京都市内で教室をしているから、来て観てもよいという快い返事を頂き、稽古日に伺いました。教室には全国各地から能面教室を開いている能面打ちが集まっていました。恐縮しながら、暫く稽古の様子を眺めていました。堀先生が彫刻を指導している時の刀の運び方、指導の内容どれも端的で曖昧さがありませんでした。彩色の指導では、古びを乗せるのではなく幽玄を打ち込むという考え方が徹底されていたのです。言葉では表しきれない色、何とも

言えない奥深い雰囲気が幽玄だという堀先生の言葉には、本物の「能面」を作り出す凄みがありました。そのうち、面打ちを辞めるという考えはどこかに消え、食いるように見ていたのを覚えています。

教室が終わる頃、先生から教室の説明がありました。私は間髪を入れず、入門の意志を伝えると、堀先生は快く承諾してくれました。これが運命の一言であったのです。以来弟子として、今に至るまで教えを乞うています。

出会いは決められた運命のような気がします。掘先生の作品を見てからの全ての言動が、「能面」に向かう今の自分を作っています。今、ひとつ一つを思い返して見ると、運命の果実が転がっていることが分かります。どれを拾い、どれを捨てるか、その時の自分の感性が決めているとしか言いようがない気がします。どの果実を拾うか、常に感性を磨き続けなければ、縁は繋がりません。そして拾う果実はひとつでよいのです。『これ』と感じた出会いだけでよいのだと思います。

過去のブログはこちらから

お知らせ

喜右ヱ門の「能面」を使ってみませんか?ーキャンペーン中

能舞台で喜右ヱ門の「能面」を使ってみませんか?

初回に限り無料でお使いになれます。

舞台実績のある「能面」が多数あります ご安心してお使いください。

また、本ホームページに掲載していない能面もありますので、お気軽にお問い合わせください。

 

ご希望の方は、

「お問い合わせ」または、下記携帯までご連絡ください。

 

携帯:080-1040-9976(池谷)